「生活」の記事一覧

幼稚園の役員について

私は子供を幼稚園に通わせています。その幼稚園は役員というようなかたいものではなく幹事さんという感じでお手伝いをするようになっています。毎年クラスで5、6人が中心になって活動していきます。幹事さんは立候補する方はあまりいなくて先生からどうですかといった具合にお願いされる方達がやるような雰囲気になっています。   私は子供が年中の時にやりました。先生はやはり専業主婦や短時間のパートで働いている人たちを中心に声かけをしているようです。幹事さんは毎年一度ある保護者会で決められます。   しかしその保護者会にすらこない人たちもたくさんいてクラスで半分くらいの保護者しか参加しません。こない人たちは幹事をやりたくない人たちです。正直、そういう人たちがいると真面目にやっている人たちがばからしくなります。保護者会にちゃんとくる保護者の子供はみんなしっかりしています。保護者会にこない保護者の子供はやはり問題児ばかりです。親の行動や言動ってすごく子供に影響するのだなと幼稚園を通してよく感じます。幼稚園生活は小学校に通じる重要な時期です。子供が伸び伸びと育つように親は自分の言動に注意して生活していかなくてはならないんだなと子供から学ばせられました。

100円商品もいいじゃない!

昔は100円ショップや回転寿司店へは入れませんでした。 変なプライドもあったのでしょうね・・・。   100円ショップの場合は100円で買えるものに興味が持てず、回転寿司店の場合はひと皿100円程度のお寿司が美味しいとは思えなかったのです。     回転寿司店ができる前はお寿司といえばお寿司屋さんで食べるものだと思っていました。   スーパーでお寿司を買うこともほとんどなく、だいたいお寿司を食べに行くときには1万円くらい用意しなければ不安でした。 昔はお寿司と言えば高級な食べ物で、今のように誰もが気軽に口にできるものじゃなかったのです。 変に舌が肥えてしまって美味しいものを求めるクセがついてしまい、ひと皿100円そこそこで食べるお寿司に不安しかありませんでした。 100円ショップだって、すぐに壊れてしまうような物ばかりだろう・・・とマイナスイメージしかなくて。 その考えが変わったのは子供が少し大きくなった頃。   子供が小学生の頃一緒に100円ショップに行ったり回転寿司店へ行って、全ては私の勝手な思い込みに過ぎないと分かりました。 最近の100円で買える商品の中には良い物がたくさんありますね。 回転寿司店だってひと皿100円なのに気づけばお皿を積み上げてました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ